寒いところから暖かい場所に移動すると出やすくなります

Posted onLeave a comment

小学生の頃から冬になると頬が赤くなる症状がありました。

手でこすって温めてもこの赤い部分は解消されず、集合写真などでは一人だけ頬が赤い状態で恥ずかしかったです。

他の女子は全然そんな症状はなく、仲がいい友達からは赤くてかわいいよと言ってくれていましたが、自分ではあまり納得できませんでした。

特に寒い朝に赤くなる傾向が強かったです。学校の登校は徒歩でしたが、なるべく頬に風が当たらないようにマフラーを巻いていました。

高校生になってもこの赤ら顔が治らず、友人に相談したところ、血行が良くなれば治っていくのではと言われ、お風呂上りに顔のマッサージをするようになりました。

クリームをつけてリンパの流れに沿ってマッサージをしてみましたら、頬の肉が少しキュっと上がったような感じになり、赤ら顔は少し解消されたようになりました。

そして社会人になった現在ですが、だんだんと赤ら顔は解消されてきましたが、ただ寒いところから急に暖かい部屋に入った時などはまだこの症状が出てしまいます。

しかし時間が経つにつれて目立たなくなってくるようになりました。

お化粧もしておりますし、ちょうどチークを塗っている部分に表れやすいので今のところは一石二鳥となっていますが、中学生の頃は本当に赤ら顔が嫌で仕方がありませんでした。

当時は雑誌やテレビで対策を探してもリンパやマッサージぐらいしか情報が見つけられなかったのですが、ネットに詳しくなった今探してみると、意外といろんな解決法があるんですね。

赤ら顔中学生.com
こういうのを中学の時に知りたかったです(T ^ T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です